ライトがあると美人がより美しく配信できる

動画メディア・ビジネス活用の専門家の水越浩幸です。

 

 

自分TVではパソコン、WEBカメラ、マイクの3点セット、FLTVではスマホのみと機材はいたってシンプル。

 

ですが、もし予算に余裕があれば、ライトも用意してください。

 

通常、自宅や事務所、会議室などは、天井からの灯りだけになるので、顔にしわや影がでてしまうのです。

 

ライトを顔の高さか、やや高めから当てることで、影がなくなります。

 

また、目の瞳にライトが当たり、キャッチライト、いわゆる「星」が出るため、より魅力的に見せることができるのです。

 

セミナーでは、三脚や銀レフ、持ち運びようのバックも付いたセットをお勧めしますが、最初はライトを一つ購入してもいいでしょう。

 

色々と種類があるので、調べて気に入ったものを購入していただければいいのですが、ご参考までにこちらをご紹介しておきますね。

 

 

 

LEDビデオライトとスタンドキット(ACアダプタ付き)

 

LEDは暑くなりませんし、何より明るいです。

 

ライトは写真でみると大きく見えますが、20cm×13.5cmとかなり小さいです。

 

光量が十分あるので、撮影の時には1個あれば問題なく使えるレベルです。

 

また、配信会場が固定しておらず移動が多い、また場所が狭くてライトが置けない、などの場合は、こちらのリング型のライトという選択肢もあります。

 

一人配信の場合は問題ありませんが、対談型などで二人以上となると、この明るさでは厳しいかもしれませんが、それでもないよりはマシです!

 

リングライト

初めての方へ

プロフィール

お問い合せ

最新投稿記事