仕事の一部を動画でオンライン化すると変わること

「動画の専門家」で検索1位の水越浩幸です。

 

最近「在宅」「テレワーク」「オンライン」などの言葉が目につくようになりました。

 

わたしは現在「動画活用のコンサルタント」として講座やコンサルを行なっていますが、業務の全てを「オンライン」のみで完結しています。

 

わたしが使っているの主なメディアは以下の3つ。

 

●Facebookライブ

●オンライン講座

●ZOOM

 

定期的な「ライブ番組」で情報発信しながらメディアに露出して、わたしが何の専門家であるのか、またありのままの人となりを知ってもらっています。

 

 

また、わたしのコンサルは「オンライン講座」を活用しており、クライアントさんに「オンライン講座」を見てもらいながら、情報の確認やアウトプットを。

 

そして、ZOOMはオンラインでの「動画活用勉強会」を開催して、コミュニケーションをとりながらより詳しくお伝えして、コンサルでは月1回、それまでの悩みを解消するためのミーティングに使っています。

 

ここで大事なことは、ZOOMをメインにするのではなく、動画を使った「オンライン講座」をメインにするということ。

 

 

ライブ動画でありのままを知ってもらい距離を縮め、ZOOMで人間関係を構築。

 

わたしの「分身」であるオンライン講座に働いてもらい、ZOOMで足りない部分を補足。

 

そうすると、時間を有効に使いながら効率的に、かつ、クライアントの満足度を高めながら仕事をすることができるようになります。

 

あなたの仕事の一部だけでも「動画」を使えないか、また「オンライン化」できないか、一度考えてみてください。

 

動画を使ってオンライン化することで、働き方がわかり売上も上がることになります。

 

詳しくは、ZOOMで開催中の【オンラインで働き方、売上を変えてしまう動画活用勉強会】にご参加ください。

 

詳細はこちらから。

 

初めての方へ

プロフィール

お問い合せ

最新投稿記事