初めての方へ(「自分TV®」「FLTV®」とは)

 

わたしが皆さんにお勧めしている「動画活用」の「自分TV®」(自分テレビ、自分ティービー)とは、「ライブ番組」を定期的に配信してファンを作っていく、今までにない動画活用法。

 

そして、スマホ1台でどこからでも、好きな場所から好きな時にライブ配信するインターネットテレビが「FLTV®」(エフエルティービー)です。

 

近年「ライブ動画」が注目されています。

 

Facebookが「Facebookライブ動画」を実装し、LINEの「LINE LIVE」、Twitterの「Periscope」、Youtubeの「YoutubeLive」など、各種プラットフォームでライブ配信ができるようになっています。

 

パソコンとWEBカメラ、マイクがあれば、誰もがスタッフ0人、自分だけのインターネットテレビ局を持つことができるのです。

 

わたしは2015年5月の毎週火曜日20時から、「どんどん夢が叶う・メディカツ」という1時間のUstream番組のライブ配信を続けており、2018年で8年、400回を迎えました。

◆アーカイブのYoutubeチャンネルはこちらから。 

kitahara

 

パソコンによるインターネットテレビの個人放送局を持つことで確信したこと—-。

 

それは、「動画といものはテキストや画像よりも多くの情報を短時間で伝えることができ、ブランディングや集客に絶大な力を発揮する」ということです。

 

配信を始めた頃は人脈0でありながら、やがてイベントに約200人もの方を集めることができました。

 

 

そして、長年憧れだった、「なんでも鑑定団」でおなじみのおもちゃの鑑定士・北原照久さん歌手の岩崎宏美さん異邦人でおなじみの久保田早紀さんMr.サマータイムでおなじみのサーカスの皆さん「ウィスキーが、お好きでしょ」を作曲されたシンガーソングライターの杉真理さん元巨人の篠塚和典さん漫画家のかわぐちかいじさん元アイドルの桑田靖子さんなど、多くの著名人と対談させていただいております。

 akogare

 

ライブ配信でビジネスを加速させるためのキーワードは、「ありのまま」「コミュニケーション」「相手想い」。

 

1時間の対談形式のインターネットテレビを配信することで、これらのキーワードを満たすことができます。

 

その結果、集客や収入アップに効果がでてくるのです。



 

ソーシャルメディアであるブログやメルマガ、そしてSNSにライイブメディアを活用することにより、広範囲に拡散することができますので、広告代0円の宣伝が可能です。

 

「Facebookやブログを利用しているけどなかなか結果がでない」というかたは、これから是非ライブメディアを活用してください。

 

そして、私がオススメしている「動画」+「コミュニケーション」の、あなただけのインターネットテレビ「自分TV」を活用すれば、今のビジネスに劇的な加速がついて、現状を抜け出す強力なメディアコンテンツになるのです。

 

また、Facebookライブなどのライブ配信は、リアルタイムに視聴者とコミュニケーションをとれるところに大きな特徴があります

 

 

たとえば配信しているその場で、質問に答えてもらったりアンケートに答えてもらうことも可能ですし、商品、サービスを購入してもらうこともできるのです。

 

しかも、視聴するのは誰もが無料。

 

配信終了後、Youtubeにアップすることで、さらにたくさんの方にリーチすることができます。

 

ライブでコミュニケーション!

 

これが、これからの最強の動画活用法です。

  

でもちょっと難しそうだな〜・・・と思ったあなた!

 

まずは動画活用の専門家である水越浩幸が、「自分TV®」「FLTV®」のビジネス活用についてわかりやすく解説している、無料のメール講座に登録してみてください!

 

あなたの周りで、「Twittr」「Facebook」をビジネスに活用している人はいると思いますが、「インターネットテレビ」を活用している人が果たしてどれくらいいるでしょうか?

 

名刺やブログのプロフィールに、

 

「「自分TV」というインターネットテレビを活用」

 

一行入れることで、「メディアの凄い人」としてあなたを見る目が瞬時に変わるでしょう。

 

自分TVのライブ配信を続けることにより、一人でも多くの方が、ブランディング、集客などに劇的な効果を上げられることを確信しております。

 

自分TVのビジネス活用の基本を学べる、無料メール講座はこちらからご登録いただけます。

 

ご登録は無料で、途中での解除も自由です。

 

初めての方へ

プロフィール

お問い合せ

最新投稿記事